CATEGORY 漫画

昔クソ面白くないと思った漫画、惡の華が大好きになったので感想と考察を書く|ネタバレありまくり

「惡の華」 こんなにおもしろいとは…。 もう、これを面白いという気持ちを隠すことはできない。 ここに書かずにはいられない。 大学時代の僕には、惡の華はクソ面白くない気持ち悪い漫画だった   大学時代、 漫画好きの友達Rの影響で知り、1巻を買って読んでみました。 ですがその感想は、 全くおもしろくない、気持ち悪い、意味がわからない。 というものでした。 1巻自体もちゃんと読まなかったのではなかったかな・・。 ですが最近周りで良いという声を聞き、全巻kindle版で買って読んでみたら、、、 ドはまりして即座に2回読んでしまいました。 個人的には久しぶりにすごく面白い漫画だった。     もう一度出会えてよかった…。 ・人生について考えたり、哲学、心理学が好きな人 ・生きづらさを感じている人(にはただ気持ち悪いかも・・?) ・家族や友達、恋人など、社会に自分を偽って生きている人 ・自分と向き合い、幸せにフォーカス出来るようになってきた人 などには感想はどうあれ響きます。 上記に当てはまる方は、ぜひ一度手にとってみてください〜。 >惡の華1巻を見てみる(アマゾンへ) >惡の華全巻を見てみる(アマゾンへ) という事でここからはネタバレありありで、感じたことをわーっと書いていきたいと思います♪ 興味のある方、もう読んだ方などはぜひ見てみてください。   面白くない?気持ち悪い?漫画「惡の華」のあらすじ   悪の華は面白くない、気持ち悪いという声も多い一方、大好きというファンも多くいる漫画です。 惡の華は中学2年生の主人公春日くんと、 同じクラス仲村さん(ヒロイン)が中心に出てきます。     ↑これが仲村さん。 教師にクソムシと言ったり、 完全にクラスでは浮きまくっています。 ですが後に、どうしてそう言っていたのかなど、中村さんの思いが分かっていきます。 そして春日くんには好きな女の子である佐伯さんがいるのですが、 ある日佐伯さんの体操服をエロい気持ちや状況での焦りから盗んでしまいます。 それを仲村さんに見られてしまい、バラされたくなかったら・・と色々なことをさせられます。 そして最初は春日くんは佐伯さんが好きでしたが、 仲村さんの中に「他の人とは違うもの」を感じ、仲村さんのことがどんどん気になっていきます。   漫画「惡の華」の感想(考察)|ネタバレありまくり   僕なりの解釈ですが、 惡の華では、 会社や学校という、いわゆる「世間一般の普通」を当然として受け入れている大多数の人と、 それに中学生ながらに強い違和感を感じている仲村さんや春日くんという二極の存在が出てきます。 この社会と同じですが、つまり、 ①世間体を気にしてただ飯を食うため、結婚などのためだけに生きている人 ②世間体に縛られず、自分の人生にこだわりを持ち、「自分の心」に素直に生きている人…