がんばらないといけないのに、頑張れないあなたへ

スポンサーリンク



こんにちはーメガネやめたコウ(@koh_bliss)ですよー。

「頑張らなきゃいけないのに、がんばれない(T_T)」

こういう事ありますよね。

・時間無いし、頑張らなきゃ

・周りの人もみんな頑張ってるんだから私も頑張らなきゃ

・家族を安心させなきゃ

etc…

色々ありますよね。
僕自身、最近また「頑張らなきゃ」という思いが知らず知らずに強くなって、疲れていました。
今もちょっと疲れてますが、ちょっと光が見えてきた☆

というのは置いといて今日言いたいのは、

「頑張らないといけない」と思えば思うほど、人は頑張れない

ということです。

 

「頑張らないといけない」という思いは気づかないうちに強くなる

 

ふにゃー

毎日記事書かなきゃー

毎日勉強して一歩でも前に進まなきゃー

毎日前向いていなきゃー

とか、
真面目な人ほどガチガチに考えすぎる傾向にあります。

この、

「〜しなきゃ」「〜しなければいけない」

という思いは気づかないうちに心の中に芽吹き、
気づかないうちにあなたの心を疲れさせます。

最近は、

・自分らしくいよう

・したくないことはしないでいい

・ありのままの自分を受け入れよう

などの考えが流行っていて、
無理をする人が減ってきている傾向にあります。

心のことを少しでもかじった人なら、
無理に行動するのが意味がないことはわかっていますよね。

だけどそうして無理をするのは心に良くないと知っていながらも、
気づかないうちに、「〜しなければいけない」が心を縛っていることがあります。

それは定期的に自分と向き合うことで気づいてあげたほうが良いでしょう。

 

頑張らなければいけないと思っている時点で、本当はしたくない

 

そして頑張らなければいけない、
前を向いていなければ行けないなど、

「〜しなければいけない」と思っている時点で、本当はしたくないのです。

例えば、

「仕事しなければいけない」

と思っているとします。

でもそのしなければいけないという言葉の裏(あなたの心の中)では、

「もしも仕事しなかったら、私はダメな人になってしまう」

といった、恐怖や不安が隠れています。
そこから逃げたいから、したくもないのにしています。

 

頑張れない理由を、潜在意識が勝手に作り出す

 

そうして本心では頑張りたくないと思っているのに、
頑張らないといけないとして自分を縛り付けていると、潜在意識が勝手に自分が頑張れない理由を作り出します。

・先輩がいじめてくる

・心の病気になってしまう

などなど、
何らかの頑張れない理由が勝手にどんどん出てきます。

 

何を「しなければいけない、頑張らなければいけない」と思っているのか自分に聞こう

 

こういう何らかの不具合が生じている時は、
あなたは確実に「〜しなければいけない」という考えを持っています。

「〜しなければいけない」はまじで疲れるだけなので、

何か嫌なことが起こったら、

「今、何を〜しなければいけないと思ってるの?」

と自分に聞いてみましょう。

そしたら、勝手に自分に強いている事が出てくるでしょう。
それを、「〜しなくてもいいんだよ」と言ってあげるだけでもかなり見える世界が変わります。

ノートに真剣に書いてみることをおすすめしまぴゅる。

 

恐怖や不安からはがんばって逃げても無駄

 

そして〜しなければいけないと思っている人は、

「〜しなかったら、ダメな私になってしまう」などと勝手に思っています。

その「だめな私になってしまう」などの考えは、恐怖・不安です。

そして、
「恐怖や不安」というものから逃げようとする行為は、基本的には無駄です。

というのも、

〇〇(不安)から逃げたい逃げたいと考えれば考える程、
その逃げたい〇〇(不安)が心の中で大きくなっていくからです。

そこに無意識に注目してしまっているので、
気づかないうちにそこに吸い寄せられてしまうのです。

 

「頑張らないといけない、〜しないといけない」ではなく、「〜したい」に注目しよう

 

今お話してきたように、
〜しなければいけないなどと思うことはあまり意味がありません。

それに、〜しなければと思ってした事は、
自分が責任を持つ覚悟を放棄しているので、
後になって上手く行かなかった時に、

「だからやりたくなかったのよーーー」

とかの言い訳に繋がりがちです。

そりゃあ、本当はしたくないって言っている本心を無視しているので、当たり前ですね。

 

しなければよりも、「したい」にフォーカス

 

そして大切なのは、
〜したいという気持ちに気づき、そこに注目することです。

あなたは本当は何をしたいのでしょう?

仕事をしなければいけないのはなんでですか?

本当は誰かを守りたい、幸せになりたい、など裏に何か理由があるからしているはずです。

その、〜したいを見つけましょう。

自分の胸に手を当てて聞いてみる

ノートに書いて、自分は本当は何をしたいの?と聞いてみる。

そういうことをすると、
状態によりますが、したい気持ちが見えてきます。

そしたら、それを素直にすることです。

僕は今、自分が会いたい3人の人に会いたいのです。

それなのに、気づいたら仕事しなきゃ、
頑張っていなきゃ、
前を向いていなければ、
嫌われてはいけない。。。

などと思っていました。

もう、どうでもいいよね。

〜したい思いの邪魔をするのはいつも、〜しなければという思い込みです。

それがあるのでは?
と自分の行動や目の前の現実に疑問を持てるようにしましょう。

目の前の現実に疑問を持てるようになり、
それを掘り下げられるようになると、人生は大きく変わります。

 

〜したいに注目してする行動は楽しい

 

のです。
そうして素直にする行動は、
もう「しなければいけないこと」じゃありません。

そうなった上で出てくる考えや浮かぶ行動は、ポジティブなものになっていきますよーーーーーー。

 

頑張らないといけないのに頑張れないあなたへ、まとめ

 

・〜しなければ=本心はしたくない

・〜しなければと思ってると、勝手にできない理由が出てくる

・そういう時は、「何をしなければと思っているか」自分に聞く

・〜しなければではなく〜したいを見るようにすると、行動が楽しくなり、後悔しない

読んでいただきありがとうございました。んこぶ!

スポンサードリンク