ただ寝ていたい、何もしたくない時に自分の心が楽になる対処方法

スポンサーリンク



「何もしたくない」

「ただただ寝ていたい」

こういう事を考えることは無いでしょうか?

・他のことを今はしたくない

・もう全部嫌だ、寝たい

などなど、何もしたくないときって疲れていたり、
とにかく休みたいという時がありますよね。

そういうときって、

「そんなんじゃダメだ。動かなきゃ」

などと思って自分を責めがちだったり、余計に疲れてしまうこともあるのではないでしょうか?

そういう時は、
思いっきり休むことだけに集中してみましょう。

 

何もしたくない、ただただ寝ていたい時の一番の対処法

 

何もしたくない、ただ寝たいという時は、
「何もしない」というのが一番心に効果があります。

「何もしたくない」と強く感じているあなたの心は、
本当に何もしたくないんです。
休みたいのです。

ですがそんな自分じゃダメだと思って無理矢理行動することを続けていると、次第にもっと辛くなっていきます。

 

自分の感情を大切にする

 

心って思っている以上にデリケートだったりします。

赤ちゃんは分かりやすいですが、

・お腹が空いた

・眠い

・おしっこやうんちをした

・お母さん、お父さんに抱っこしてほしい

など、何らかの理由で泣きます。

そのどれかに正解があって、
それをやってあげるとすぐに泣き止んで、
それ以外だと大泣きしたりしますよね。

ただ単にお腹が空いたという場合でも、

・いちごがいい

・お菓子がいい

・スープがいい

などとても敏感です。

もちろん完璧に答えがあるというわけではないですが、
その時その時にしてほしいことがあるのです。

 

大人も同じ

 

大人になると頭で考えるようになるので、
自分がしたい、したくないという感情を押さえ込むようになります。

・学校に行きたくない

・会社にいきたくない

・何もしたくない

などありますが、
そういったことを無視し続けていると、段々と辛くなっていきます。

無視され続けた自分の悲しい感情は溜まっていきます。

すると、怒りやすくなったり、
気分を害することが増えていきます。

それが良い悪いではないですが、
幸せを感じられるタイミングが減ります。

 

ただ寝ていたい、何もしたくない時は、寝る

 

だからこそ、
ただ寝ていたい!と強く強く思うなら、寝ましょう。

赤ちゃんがあれほしい、これほしいと思うのと同じように、

あなたが「今」したいのは、何もしないで寝るということ、つまり、休むということです。

普段から食べたいものを値段で決めて我慢したり、
嫌なのに人に無理に合わせたり、
したくないことをどんどんして、我慢ばかりしているのではないでしょうか?

我慢していると、
無視されている自分の悲しみは溜まっていきます。

 

自分を大切にする

 

なので、自分を大切にするという事を考えてみましょう。

がんばりやさんは特に、過去の僕のように自分をあと回しにしがちです。

自分を後回しにしてもいいから目的を達成しようとしたり、
自分が我慢することでなんとかしようとしたり。

それを続けると、疲れてしまいます。

 

自分はなぜ、「何もしたくない、ただ寝ていたい」をできないか?

 

そして大切なのが、

「自分がなぜただ寝るということができないのか?の理由」です。

どうして寝られないのか?

例えば仕事を頑張らないといけないからという理由だとします。

でも、なんで仕事を頑張らないといけないのでしょうか?

だってお金がないと生きていけない・・
となる場合、

本当にそうなのでしょうか?

お金がないと生きていけないのはなんで?

など聞いていくと、
実は、「恥ずかしい」「嫌われたくない」といった理由に行き着きがちです。

つまりただ寝るということができないのは、
本当は仕事をしないといけないからではなく、
恥ずかしい自分を受け入れられないだったり、嫌われることが怖いだったり、が理由だったりします。

でも、恥ずかしい自分になるのってそんなに危ないの?

本当にそんな恥ずかしい状態って起こるの?

と自分に聞いてみましょう。

大丈夫にどんどん気づいていけます。

 

この世は思っている以上に優しい

 

実際、したらダメだろうなと思うことって、
やってみたら大丈夫なことばかりです。

これは絶対にダメだろう!したら死ぬ!みたいに思うことでも、やってみたらなんてことなかった・・。

悩んでたの何だったの笑

みたいなことを悩みまくりで生きづらかった僕は何度も体験し、今も体験しています。

もっとてきとうに生きよっと〜。

ではでは〜(。・ω・)ノ゙

関連記事:数ヶ月前のこと。

>何もしたくない、全部何もかも嫌だってくらい疲れても、結局元気になる

スポンサードリンク