英語を話せている気でいた。日本のクソな文化とカナダの違いを肌で感じる

スポンサーリンク



昨日の投稿で英語のチューターがついたって言ったけど

チューターとかティーチャーとか言われるの好きじゃなくてファシリテーターだと彼は自分の事を表現してる。
簡単に言うとただの先生ではなくて、人生の先生って感じ。

大抵の先生、特にESLの先生は文法を教える。

だけど文法やらなんやら俺は何年も勉強してきたけど正直ペラペラにはなってない。

なんかの研究で、物事を数1000時間だか勉強したらそれのプロフェッショナルになれるってのが証明されてるらしい。

俺は受験とか含めたら確実にそれだけ勉強してきたけどペラペラではないし、ネイティブの普通の速さには全くついていけてない

日本人とか他の勉強中の外国人の中では話せる方だけど
ネイティブとの会話、実践の会話って考えたら本当全然話せてないってことがわかった。

今、もう一度カナダに来た感覚。

最初、来た当初は完全に新しい環境だからそれだけでテンション上がってたけど

今は本場の英語を習っていること、そして本場のカナダ人から習うカナダの文化を聞いていて

それがとてもとても興味深い、おもしろい。

 

日本のクソみたいな、みんなと一緒じゃないとダメみたいな考え方と

カナダは真逆なんだって。

それを、実際にその価値観で長年生きてきた人に聞いてると、目からウロコなことが多すぎる。

日本の文化がどれだけクソだったかってのがよくわかってくる

もちろん良い部分もたくさん日本にはあるけど、
こと働き方やらみんなと一緒な事しないと感は本当にクソ。

この、人が独立している国でその国出身の人達と関わって、(日本人でも韓国人でもブラジル人でもその他の国でもなく、このカナダ出身の人)自分の生きやすさを、自信を作っていく。

今最も興味があるのはそれ。

カナダ来たなら、絶対にカナダ人と関わることをすすめる

特に日本で生きづらいと思ってる人は100%、こわくても、カナダ人と関わろう。

スポンサードリンク