CATEGORY ブログ

アンチからのコメントが悲しい…相手にしないために僕がしたこと

こんにちは、okohです。 「アンチからのコメントがすごく嫌」 という悩みを抱える方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? ・ブログにアンチコメントが来た ・好きな芸能人のインスタにひどいことが書かれていた ・アンチを気にしたくない など、アンチに関しての悩みは色々ありますよね。 僕もブログを書いていますし、 ツイッターなどでもアンチからのコメントをもらったことがあります。 そこで今日は、同じ様にブログなどをしている方に向けて、アンチに対しての思いや、相手にしないための方法について書いてみたいと思います。 アンチでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。   アンチコメントが来るととても悲しい   フェイスブックでのアンチ 僕は過去にフェイスブックにブログを投稿した時にアンチからのコメントが来ました。 「お前はダサい、お前は終わっている」 というようなことを知らない人に書かれました。 完全匿名からのアンチ また他のところでは、 「なんでそんな事考えてるの?アホなんじゃないの?」 というようなことを見ず知らずの匿名の人に言われたことがありました。 どちらの時も、とても悲しい気持ちになりました。 また同時に、 「なんでそんなことをわざわざ言うんだろう?」 と思いました。   アンチコメントが来ると、投稿することが怖くなることも   そして僕もでしたが、 アンチコメントへの耐性がない人は、 「気にする意味はない」とわかってはいても、 「アンチが怖い」と感じることがありますよね。 ・またひどいことを言われたらどうしよう ・もうあの人と関わりたくない ・自分の投稿が恥ずかしい など、色々な嫌な感情に支配されて投稿できなくなることなどがありますよね。   投稿が止まるのは悲しいし悔しい   投稿できなくなると、せっかく続けてきたことが途中で止まって悲しい気持ちになりますよね。   僕はアンチに負けたくないし、続ける   そういうことがあり、僕はブログやツイッターなどで投稿できない日々がかなりありました。ですが僕はアンチには負けたくないですし、情報発信だけは続けていくと決めています。 そうして、現在はリハビリも兼ねてインスタで毎日1記事投稿しています。   アンチを相手にしない、気にしないためには   そして投稿を続けていくためには、アンチをどうやって相手にしないか、ということが大切になります。   投稿が止まってしまった方⇒多少軽めの投稿でいいから再開する もしも投稿することが怖くなり止まってしまったけれど、まだ投稿したいという場合、そういう方は、プラットフォームを変えるということをおすすめします。 僕は実際、発信内容に自信が持てなくなり、発信を数ヶ月辞めていました。ですが現在は毎日投稿ができています。それは、インスタに変えたことが大きいと思っています。  …

会社員時代や、あいりん地区でアフィリエイトしていた頃のブログを統合

皆さんこんにちは。 コウです。 僕は会社員やあいりん地区にいた頃、fc2ブログでブログを書いていました。 当時はちゃんと覚えてないですが200記事くらい合計であって、 一時期は1日2回更新したりとかして、毎日のように記事を書いていました。 その時のブログをずっとここに入れたかったのですが、 なかなか踏ん切りがつかず入れられずにいました。 ですがやっといれることができました。 >会社員時代のブログ①2014年11月18日〜自己紹介とブログを始めた理由〜 >独立後のブログ①人生を賭けたカタカタ+ブルーライト除去作戦|2015年3月26日 かなりの数あったものをてきとうに見繕ってこのブログに入れたのもあり、 あまりきれいな記事ではありません。笑 でもあの全くアフィリエイトのこともわからず、 心のことも何も知らずに生きていた自分が、 まっすぐにアフィリエイトだけに向かって進んでいたころがすごく懐かしく感じました。 ・自分頑張ってたんだな ・悩んでたんだな ・あいりん地区のときあんなことあったな ・悩んでるなあ笑 ・努力してたなあ・・ とか色々と感じることがあって、 思ってたより自分のこと分析できてたり、 会社員をやめるときとかこういう事を考えてたのかーとか思い出せて良かったです。 昔の記事を眺めていて 中には50文字くらいで終わってる記事などもあったりしたのですが、 合計200記事ほどあったので、残す記事を決める作業をしました。 この作業は楽しくもあり、 感じることもあり、とても良い作業だったと思っています。 会社をやめるときに、辞めたくて辞めたのですが、 沢山楽しいことや感動することがあって泣いたことを思い出せたり、 仲の良かった学生さんを思い出したり。 「嫌だったこともあったけど、結局これも俺の人生に必要だったんだな」 みたいな事を書いているところもあって、 案外自分で自分を認めてる部分があったのかーとか思って自分に感心したり。←心の勉強したからこういうのに反応しがち あいりん地区も懐かしかったし。 嬉しかったこと そして一番嬉しかったのは、 ずっとブログを統合したかったので、やっとその思いを成就できたことです。 ずっとしたいと思っていたのに、理由を付けて逃げていたので。 自分に対して言いたいのは、 待たせてごめんね、やっとできたよ。待っていてくれてありがとう。 といったことです。 ・・なんだそりゃですかね。笑 200記事からかなり数を削ったのですがまあまあありますし、(会社員20、独立後20くらい?) 記事も綺麗なものでもないですが、 それでも気になる方がいらっしゃれば読んでみてください。 >会社員時代のブログ >あいりんなど退職後のブログ この頃の記事は、僕は素直に書けていて好きです。 そして自分がなんでブログを書いているのか? ということを感じてみたのですが、 「自分を知るため」 というのが今の答えのようでした。 なので、これからは素直に書いていこうと思います。 ブログタイトルは当時のものに変更しました。…

ブログはいくつ作っても良い。テーマや名前が決められないあなたへ

  こんにちは。 アフィリエイト×心理学のコウです。   「自分のブログのテーマ・名前が決められません」 「ブログやってるけど何も人に見せれるようなことを書いていない」   とかで悩んでる人は少なからずいると思う。 実際俺も、 ブログ開設時はブログ名とか、 テーマはどうしようとか考えたことあったなと。 一応このブログは、1年半続いています。 アフィリエイターとして起業してから2年が経過。 今感じるブログの良さや、 ブログ名・テーマなどに関しても、 簡単に今思っていることを書きたいと思います。 ブログについて悩んでいる人がいれば、 参考にしてくださいね。   ブログはいくつ作っても良い   まず、ブログはいくつ作っても良いと思っています。 俺のこのブログ「自由心理学」は、 たぶん人生で6個目くらいのブログ。 大学時代に無料ブログ(アメブロ等)で三日坊主どころか、1日坊主とかしてた。 でも、 「起業しよう」 「会社をやめよう」 と決めてから作った3つのブログは、全部ある程度は続けた。 このブログは、起業を決めてから3つ目のブログ。 この記事でまず言いたいのは、 完璧なブログなんてつくれないし、 人は変わっていくものなのだから、気楽に始めてね。 ということです。 さっさと始めてみると、 なんとなくわかってきます。   起業を決めてからの最初のブログは会社員時代に作った無料ブログ   起業を決めてから最初に作ったのは、 まだ会社員として働いていたころで、 アメブロ等の無料ブログでした。 ・退職のために必要な知識(退職金関連や辞表の書き方など) ・会社の愚痴 ・これから先の夢やしたいこと、野望や欲望 ・毎日の仕事の記録 などを書いていました。   そのブログは退職・起業後の途中まで続けて、 合計8ヶ月くらい書いていた気がします。     人に見せる気がなかったので、 言いたい放題書いてました。  …

変だと思われたくないあなたへ

変だと思われたくない、という人へ。 あなたは何を気にしているの? 何を隠しているの? 何に嘘をついているの? 嘘をついていると、人にバカにされたくないとか変だと思われたくないとか、そういう気持ちが湧いてきます。   変だと思われたくない   と感じるときは、どんな時? ・SNSに何かを投稿する時 ・学校に登校する時 ・会社に行く時 色んなタイミングで変だと思われたくないですよね。 その変だと思われたくないって思う感情に関して、何を感じる? きっと、なにか見たくない感情があるんじゃないかな。 人それぞれ違うだろうし、一言では言えるものではありません。 ですが、自分に嘘をついているのは確かです。 例はあえて出しません。   変だと思われたくない時はかっこつけてる   変だと思われたくない時ってかっこつけてませんか。 可愛く見られたい、かっこよく見られたい。 つまり、そういう自分への期待が、未来への期待があります。 未来に期待する自分ってなんだろう? それは、取るに足らない、だめな自分を隠そうと、している、つまり、 自分はだめだと思っている自分です。 そうでなければ、未来に期待して、かっこよく見られようなどとは思いませんよね。 そしてそうして自分を駄目だと思っている今があれば、未来も同じ様にだめになります。 原因と結果はおなじになるからです。   周りからどう見られるか、気にすることをやめよう   だから、気にすることをやめてみましょう。 気にすればするほどにあなたは未来に期待をし、それは確実に裏切られていきます。 今までさんざん未来に期待してきたのではないですか。 そしてそれで幸せでしたか。 人生を変えるために大切なのは、辛い今を作ってきた自分とは真逆の習慣、行動を取ることです。 それを、勇気を持ってやることです。   日本に長くいたなら、海外へ   人生を変えたいと思うひとは、思い切って海外に行くことはかなり良い結果になる可能性があります。 同じ場所で寝て起きて通っていませんか。 それでは出会う人、やること、全て今までと一緒です。 今までの辛い、だめな人生がこれからも変わらないのはわかりますよね? だから、今までと違うことをするのです。   外国人は変だと思われたくないとかあまり気にしない   変だと思われたくないというのは、日本、韓国あたりがひどいです。 恵まれているくせに、自殺が多いですよね。 でも、カナダやヨーロッパ、アメリカ等、欧州の文化で生きている人は変だと思われたくない思いがかなり低いです。 楽なんです、生きるのが。 無駄に、…