CATEGORY アメリカ合衆国

取得料金が危うく5倍になる所だった…ESTA(エスタ)申請の重大な1つの注意点。

来週頃にシアトルを見て回ろうと思って、人生初、とうとうESTA(エスタ)を申請しました。 僕は何気なく「ESTA申請」などとグーグルに入れて検索し、でてきたサイトで申請しようとしました。 ですがなんと、危うく取得料金が通常の5倍になるところでした…。 超危なかった…。 ギリギリのところで友だちに聞いてなんとかし、事なきを得たのですが危なかった…。 ということでここでは、 ESTAを取得しようとしている人に向けて、その重大な注意点を1つシェアしたいと思います。   ESTA(エスタ)の申請、取得は公式サイトから   僕がグーグルに入れて検索して1番上にでてきたサイトは、見るからにまともなサイトで、普通に公式サイトだと思いました。 そうしてパスポート番号などもすべて入れて最後にクレジットカード情報を入力する画面に来たときに、なんだかおかしいと感じました。 「支払いをする」 ボタンはあるけど、料金がすごくわかりにくいところに小さく書いてあって、なんだこれ?と不安感を感じました。   先にESTA(エスタ)を取得した友だちに連絡   友だちがたしか14ドルくらいで取ったと言っていたのですが、そのサイトでは71ドルと書いてありました。 即座に連絡すると、即返してくれて14ドルくらいだったよと。 これはおかしい!と思って検索してみると、 「代行業者」に頼むと超高くなるなどと書いてあるサイトがあり、僕も自分の申請画面をじっくり確認してみました。   僕がESTAを申請しようとしたのは代行サイトだった…   ここで最初に申請しようとしたのですが、よくよく見ると、上の方に申請代行と書いてあります。 このサイトは、ESTAの申請代行サイトだったんです。   申請代行サイトは不要   ESTAは申請代行サイトなんて使わずとも、自分で必要事項をネットで記入するだけで、かなり簡単に申請できます。 ・パスポート番号 ・日本の住所等(僕はカナダ在住ですがカナダの住所は書きませんでした。それでも行けるようです。申請結果が来たらまたこの記事を更新します。) ・親の名前 などなど、基本的な事項ばかりで、20分もあれば終わります。 ですがここどう書けばいいの?という部分もちょこちょこあるので、めんどくさい部分もありますが、そこはネットで検索していただけると、回答を得られると思います。   申請代行サービスを使うと、5倍近い料金   通常のESTA公式サイトで申請すれば14ドルですが、代行サービスを使うと71ドルくらいになったりします。 そのサイトもシンプルで公式サイトっぽく作られているので、よく確認しない人が間違えて代行サービスを使ってしまうようです。 ですが説明したとおり、自分でできるレベルのものですので、自分でやってみてくださいね。   ESTA(エスタ)取得の公式サイトはこちら     ここが公式サイトです。 公式サイトURLはこちら。 ではでは、アメリカ旅行を楽しんでくださいね。