新入社員は残業代出ない、我慢して当たり前って言う上司がいるなら、逃げよう

スポンサーリンク



 

「新入社員なんだから残業代出ないのは当たり前だよね」

「新入社員は我慢しないといけないよね」

こういう言葉が当たり前になってるなら、
ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。

それであなたは楽しいの?

ほんとは嫌なのに我慢してるんじゃないの?

もしそうなら、
メンタルがぶち壊れる前になんか考えたほうが良い。

「いつか良くなるだろう」

とか言ってたら何も変わらない。

変わるとしても、いつになることやら。

 

新入社員の頃、残業代は我慢してたし、出ないのが当たり前とかおかしい

 

俺は会社員の頃先輩に、

「俺は10年間残業代我慢してたよ」

「新入社員は仕事出来ないんだから、残業代が少しだけでも出ればラッキーだよ」

とか言われてた。

入社前から残業代が出ないことが分かってたとか、
みなし残業だとか、そういうことなら分かる。

でも俺の時はそうじゃなかったし、
残業代は新入社員でももらえるはずだった。

だから先輩に、

「俺は新入社員のころ残業代出なかった」

って言われた時、最初は確かにって思ったんだけど、
よく考えたら、

「勝手に我慢してたのはお前だろ。それを俺にも押し付けるな」

って思った。

自分が言いたいこと言えなかったのを新入社員にも押し付けて、
俺が我慢したんだからお前も我慢しろってことだ。

言いたいことは分かるけど、それはそのまま受け入れられない。

 

新入社員に残業代が出ないとか、そんなわけない

 

規則で決まってることなんだから、残業代は出る。

ちゃんと請求する権利があなたにはある。

仮にずっと我慢してきたとしても、
残ってる記録とかを差し出すことで、大きな額が返ってきた友達もいる。

 

新入社員だったけど、残業代を請求した

 

俺はその時、
我慢してる時期もあったけど、
やっぱりそんなのおかしいと思っていたから、出来る限り毎回、抗議してた。

そうしてずっと言い続けたら、
先輩も上司も分かってきてくれて、少しずつ変わってた。

もしもあのまま、

「新入社員は残業代をもらえないもんだ」

なんて言葉と先輩、社会の圧力に負けて従っていたら、
全く残業代は出ないままに不満をつのらせて、会社にいたのかもしれない。

 

真面目な新入社員ほど残業代が出ない

 

俺と同期で入っていた、すごくすごく真面目な同期がいた。

その子はもうほんと真面目で、
詳しい額は知らないけど、
残業代はたしかほぼ全部我慢していたと言ってた。
その子は身体を壊して辞めたけど、今は地元に帰って元気に暮らしているらしい。

だけど逆に、あんまり真面目じゃない感じの同期(そういうとこが好きだよ!)
は普通に残業代もらってて、
やっぱ言ったもん勝ちだなって思った。笑

 

残業代が出ないのは、自分が我慢しているから。

 

残業代も振休も、
結局我慢している人は出ない。

俺の先輩はすごく優しい人だったから、
俺が残業代をカットされたことに抗議しても優しいままだったけど、
人によってはキレるかもしれない。

人によってはそれで居づらくなるかもしれない。

だけど、それを怖がって何もしないでいたら、
残業代が出ない現実は変わらない。
選んでるのは、いつでも自分自身。

抗議しても変わらない会社なら、
自分が他の仕事に変えるとか、何か行動ができるはず。

何もしないのを選んでるのは、自分自身だ。

 

残業代出ないとかただ愚痴ってるだけの人は変わらない

 

・残業代が出ないのがムカつく

・上司が〜で腹立つ

とか、ただ愚痴ってるだけじゃ何も変わらない。

上司が悪いわけでも会社が悪いわけでも、
言わないあなたが悪いわけでも無いけど、そのままで良いのか?ってことだ。

 

仕事が楽しいなら問題ない

 

「会社がいやだ〜」

って思ってるのに辞めてない人の中には、

・その会社や仕事、会社の人などが好きな人

・考えることから逃げている人

こういった人がいる。

なんだかんだ会社の愚痴言ってるけど辞めてない人って、
会社が好きな人が多い。

好きなら辞める必要ないし、それで楽しいもんね。

でもめちゃくちゃ嫌なのに、
考えることや向き合う事から怖くて逃げてるのは、個人的にはどうだろうと思う。

ストレスがたまりすぎて身体を壊す人とかは、
まさにこういうタイプだ。

考えられなくなっていたり、
「会社は我慢して当たり前、社会は我慢して当たり前」って、
受け入れてしまっている。

それは身体のためにも良くないし、
何よりも大切な、自分を無視しすぎている。

 

できることはたくさんある

 

ただ愚痴ってばかりいても何も変わらないから、動くのが大切だ。

・残業代をちゃんと出してもらうように抗議する

・会社の相談員さんに相談してみる

・友達に相談する。せめて愚痴る。

・他の道を探す

本を読むとか、
他の仕事を探すとか何でも良いから、
我慢していても現実は何も変わらない。

だから、動いてみる。

 

残業代出なくてむかついた俺が新入社員の頃にしたこといくつか。

 

①会社のカウンセラーの先生に相談しまくった

 

うちの会社には、
カウンセラーの先生が相談に乗ってくれる場所がありました。

そこで沢山話しを聞いてもらって、
すごく楽になったし、
一番苦手だった先輩と仲良くなれたきっかけも、
相談したのがきっかけでした。

愚痴るの大事!そして、面白いと思ったことを行動に移す!

暴言とか嫌味とか、
言われるがままにしてたらそのまんまだから、
やり返したり、あっさり受け入れてみたりとか効果あります。

 

②働き方の本を読みまくった

 

起業失敗してたらしようと思ってたことの1つはタクシー運転手

 

俺は会社やめる時、
なんも考えないでアフィリエイトに飛びついて辞めたわけじゃありません。

めっちゃ本読んで人のブログ読んで、
自分が何したいか考えまくりました。

その時に、結局失敗したらどうしようかな?
っていう人生の第二希望を考えてたんですけど、
看護学校いくことと、看護の教授と、タクシー運転手でした。
(どれだとしても、アフィリは続けるつもりだった)

タクシー運転手ってブログで初めて書いたんですけど、
かなりガチで思ってました。

↓この本を読んで、タクシーも楽しそう♪って思ったし、
面白いので読んでみてください〜。
志茂田景樹さんっていう有名な芸能人の息子さんが書いた本です。

 

「この人も苦労したんだな〜」
とか、
「タクシー運転手ってこんな稼げんの!?」
そして、僕は努力でなんとかなる系は得意だと思ってたので、
惹かれたんだろうな〜と思います。
タクシーで年収800万円とか行くみたいで、人によってはかなり面白いと思います。

 

Youtuberという生き方

僕が新入社員の頃は、
2014年だったのですが、徐々にYoutuberが有名になってきた頃だと思います。

これも読みました。

この本は出たのが2014年の8月なので、
まさに出てすぐ読んだんだと思います。

あとは医者の生き方を調べたりもしましたね。

大体こんな感じで、TSUTAYAで本読むのと、
カウンセラーの先生に相談してました。

 

他の仕事を見てみる、相談してみる

 

また、会社をやめてから知りましたが、
転職サイトというものもあります。

 

 

リクルートエージェントが有名ですが、
登録すると転職や面接の相談に乗ってもらえたり、
希望求人を紹介してもらえたりします。

エージェントという相談員の方から、
「この求人はどうですか?」
などメールや連絡が来るのですが、

それにただ流されずに使えば、
「自分がこれからどう生きていきたいか?」など、
自分と向き合う良い機会にもなりますし、
単純に自分が知らなかった求人を知ることも出来ます。

無料で利用できるので、
興味のある人は使ってみてくださいね。

>リクルートエージェントの公式サイトはこちら♪

 

また、リクナビNEXTというサイトもあります。
こちらは求人を見たり、自分で決めて応募するものなので、
上のリクルートエージェントよりも軽い気持ちで利用できます。

 

 

こちらも無料なので、
まずは求人だけでもみてみてください。

>リクナビNEXTで求人を見てみる♪

 

などなど、色々とできることはあります。

 

俺が新入社員で辞めたのは、残業代が出ないからだけじゃない

僕は残業代が出ないことや連勤(最大14連勤)が嫌でしたし、
特に嫌だったのは、
10年後くらいの先輩数人が、「いつ辞めても良い」と言っていたことです。

今の仕事が楽しい人はもちろんそのままで良いですし、
このままの生き方で良いのか?と迷っている人は、
本を読んだり人に相談したり、転職サイトを見たりしてみてくださいね。

読んで頂いてありがとうございました。

コウ

スポンサードリンク