成果が出ているあの人は、才能があるんじゃない。ただやると決めただけだ。

スポンサーリンク



 

「あの人は才能があるからうらやましい」

「私には努力の才能も無いからできない」

成果が出ている人を見ると、
うらやましくて、いいなって思うことあると思う。

・起業やアフィリエイトで結果が出ている人

・会社で良い成績の人

・友達が沢山いる人

なんでもそうだ。

でも彼ら彼女らは才能があるんじゃなくて、
そうなると決めているだけ。

出来ないのはいつも、
自分がそうなる覚悟を決められないからだ。

 

成果が出ている人は、決めている人。彼らは勝手に努力する。

 

・自由にやりたい事だけして生きていたい

・人と仲良くして、笑って生きていたい

何か望みがあるなら、やると決めることだ。

何があっても最低数カ月は努力してみるとか、
「こうなりたい」で終わらせるのではなく、「こうなる」と強く決めて努力すること。

怖いことはたくさんある。

・失敗したらどうしよう

・嫌われたらどうしよう

・時間を無駄にしないだろうか

それはみんな同じだ。

その一見リスクに見えるものも受け取ってまで、やりたいのか?

本当にやると決めた人にとっては、それはリスクじゃなくなっているし、
誰に言われなくても勝手に努力し続ける。

マイナスを受け取れるやつは決められる。

 

誰も才能が無いなんてことはない。みんな可能性を持っている。

 

どんなにできない気がすることでも、やり続ければいつかは成果が出る。

成果の出るスピードは違うかもしれないけど、
決めて努力をしている人には、必ず結果がついてくる。

やり方は違うし、
成果の出方も違うかもしれないけど、できる。

1円稼ぐのも最初はやっとだったのに、
やり続けていたら1000円稼げて、
さらに続けていたら徐々に伸びていって、生活できるレベルに伸びていき、
いつしか見える景色が変わっている。

途中でなんらかの理由で諦めたとしても、
そこまでやれたのだから、やる前の自分よりも必ず成長している。

 

ダラダラ悩めて、できないでいる人は、やらなくても大丈夫な人

 

「努力しきれない」

そういう人は、余裕があるのだ。

経済的に余裕があったり、時間に余裕があったり、
無理してまで目指したい理由がないし、そこまで追い込まれていない。

やってる人は、
それをしないと生きていけないと思っていたり、
余裕があるとしても、
成果が出た時に叶えられる未来に強く魅了されている、
もしくはやってる時間が常に楽しい。

そういう人は、
失敗してもめげないでどんどん行動し続けるし、
後から考えた時に失敗なんてしてないって思う。

難しいのは努力することじゃなくて、
その道に進むと決めること。

決めたら、勝手に努力する。

 

やりたいことが分からないなら、自分と向き合う、人と関わること

 

やりたいことが分からないという場合、
自分と向き合う必要がある。
出来ないっていう人は、自分と向き合っていない。

本当はみんなやりたいことが絶対にある。
自分の気持ちに素直になることが大切。

本当はやりたい事があるのに、
そんなことできないって思って最初から諦めちゃうし、
その思いにフタをして見ないようにしてるだけ。

やらない方が楽。
悩んでうんうんうなってる方が楽。
できない理由があれば自分を正当化できるから楽。

それでいいのか、ということだ。

やりたい事があるのに、
無視して現状維持で生きている時が一番おもしろくない。

 

この記事も、嫌だと思う状態を我慢している人への記事で書いてみました。

>新入社員は残業代出ない、我慢して当たり前って言う上司がいるなら、逃げよう

スポンサードリンク







▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です