CATEGORY ヨーロッパ

ライプツィヒで感じたドイツ人の男女平等の概念

ということで、ドイツ記事2記事目。 合計5ヶ月ほどヨーロッパを旅した中で最も楽しかったのがドイツでした。 その中でも特に記憶に残っているのは、ドイツ人の若め女子二人とフランス人のアラサー男性と遊んだときでした。   ドイツミュンヘンの後、ライプツィヒへ   この前、ドイツで本場のオクトーバーフェストにアメリカ人たちと行ったことを書きましたが、その後、ニュルンベルク(Nuremberg)に数泊して、そしてライプツィヒに着きました。 ライプツィヒに来たのにも特に理由はなく、ベルリンに行く間にある街で大きめのところを選んだだけです。 ニュルンベルクはあんまりおもしろくなかったのですぐに出ました。   ライプツィヒのホステルでドイツ人女子とフランス人男子に出会う   そして確か夜にライプツィヒに着き、その後ホステルに着きました。 そして部屋に案内され入ると、 今どき風なおしゃれ外国人女子二人と、あとはベッドでパソコンを触っている男性がいました。 そして彼らはドイツ、フランス出身だとわかり、早速ドイツ人女子二人からワインを勧められ、皆で少し飲みました。(ワインあんまり好きじゃないけど。)     皆でクラブに行くことに   そして少しみんなで部屋で話したあと、彼らがクラブに行こうと誘ってきました。 僕は、 「うおー、、クラブ苦手だああ」 と思いましたが、まあ何事も経験と思い、行ってみました。   ドイツ人やヨーロピアンの男女平等の概念   そこで廊下に出ると、 別の部屋から他のドイツ人女性がうっすいTシャツみたいなものとパンツだけで出てきました。 僕は、 「え!!パンツやん!」 と思いました。パンツが丸見えだし、でも全く気にしてない感じで、普通にキッチンに何かを取りに行ったようでした。   ドイツ人女子はパンツになることをあまり気にしない?   日本ではまずゲストハウスやらホステルでパンツで歩く人は見ませんよね。 なのでびっくりしました。 そのため一緒にクラブに行く事になっているドイツ人とフランス人に聞くと、 「普通やで!」 と言ってきました。 僕は、 「えー!そうなん!?」 とびっくりしたのですが、ドイツ女子は続けて、 「ドイツでは男女平等がかなり進んでいるから、他の国ほどそういうのを気にする女子は少ないのだよ」 というようなことを言っていました。   ドイツやヨーロッパの男女平等の概念との遭遇   フランス人男子も、 「ヨーロッパにようこそ!ははは」 みたいに言っていてみんなで笑いました。 もちろん人によると思いますが、これはかなり僕の固定概念をぶっ壊す体験でした。 「パンツ見せれるんや!」 と。 というのはまあ冗談みたいなものですが、…

ドイツミュンヘンで本場のオクトーバーフェストをアメリカ人達と体験した時の話

カナダワーホリ後の2019年秋、ドイツに飛んだ。 特にドイツに行ってみたいとかは思ったことなかった当時、日本から友達たち一行がちょうどドイツに行くということで、 「俺も行く!」 と言って、ドイツに行った。 何も期待していなかった初ドイツ旅行だけど、個人的にはヨーロッパで一番楽しかった。 ・ドイツのオクトーバーフェストに参加した体験 ・大量の外国人と出会った ・アメリカ人女子、オーストラリア人男子と夜に一緒に参加 などなど書いていきます。   ドイツのミュンヘンに到着   僕は海外旅行をする時、特に下調べはしません。 ・最初に行く街 ・泊まるホステル を決めたら、あとは基本的には着いてから何するとかも決めます。 友達たちと集まるまでは2週間くらいあったこと、そして集まる場所はベルリンだったので、一人でまずは南の方の街ミュンヘンに行き、北上してベルリンに行くことにしました。   ミュンヘンでオクトーバーフェストがやっていた   無事ミュンヘンの空港からホステルに着きました。   ↑部屋   そこでスタッフのドイツ人女子(超ツンツンな感じだった気がする)に言われたのが、 「オクトーバーフェスト行くんでしょ?」 という言葉。 はじめ聞いたときは、 「ビールのお祭りか…あんまり行きたくないなあ・・・」 でした。。。汗 まずオクトーバーフェストがやってることを知らなかったし、ビール嫌いだし、お祭りとかそういうワイワイ系のノリ得意じゃないし… とかいろいろな理由を並べ立てて嫌だ!と思っていました。   オクトーバーフェスト初体験→クソ楽しい   それでも特にすることもないので、 「しゃーなし行ってやるか…おもしくなかったらさっさと出よう」←何様… というようなノリで、一人で行ってみました。 すると入った瞬間、 「わーーー!!!すげえ!!でけえ!!!」 「え!観覧車とかもあるやん!」 「でか!ほんでひろ!」(語彙力…) という感じで完全に子供テンションでフェス内を見て回っていました。   本場ドイツミュンヘンのオクトーバーフェストとは   ということでオクトーバーフェストとは、 ・とにかく広い(テーマパーク内にお店が大量にある的な感覚に近いかも) ・お店がたくさんある(屋台みたいな感じ。ドイツの食べ物、お土産、なんかいろいろ。) ・大量の観光客(昼に行けば少ない。夜はカオス。) ・ビール飲む用の巨大テントがたくさんある(これが一応オクトーバーフェストの目玉。) という感じです。     オクトーバーフェストとは…

キスだけでも…イスタンブールのタクシーに連れ去れそうになった話|トルコ旅の治安・安全性

超久しぶりにブログを書く?気がします。そして…トルコなう! 今日は、 「トルコ、イスタンブールのタクシーには気をつけろ」 というお話をします。 ・イスタンブールに行きたいけど治安が不安 ・イスタンブールのタクシーは大丈夫なのか? などなど思う人は参考にしてみてくださいねー。   イスタンブールの街で早速タクシー運転手に遭遇   ということで、7日程前からトルコのイスタンブールにいます。 成田からイスタンブール空港に着き、バスでイスタンブールへ。 グーグルマップを頼りにホステルに向かっていると、二人の男が近づいてきました。   一人はタクシー運転手、もうひとりは…   一人は見るからにタクシー運転手で、「ホテルどこ?」と英語で聞いて来ました。 一応見せると、 「歩いて10分ほどで着くところだね。タクシー乗っていけよ。20リラだよ!」 と言ってきました。 ※リラ=トルコの通貨、20リラ=350円ほど 僕は、 「10分だし普通に歩くわ」 と思い、No!と言いました。 するともうひとりの男が英語で、 「俺が連れてくよ!俺の車ならタダだよ!」 と無料で連れて行ってくれると言うのです。   無料?タクシーではない…?   するともうひとり新しい男が来て、 「この車です、どうぞどうぞ!」 という感じですごく丁寧に、黒くて大きなバン(車)のドアを開けて言ってきました。   黒いでかいバン…犯罪…?危険な気がした   まず無料の時点でおかしいとはもちろん思っていましたが、男の明るい対応やタダという言葉に乗せられて乗りそうな気持ちもありました。 だけど、その黒いバンを見たときに、 「よく犯罪で使われている車みたいだな」 思い、レイプ、脅迫、事件の匂いがしました。   そのため、 「No! 歩けるよ」と言ってその場を去りました。   5分後…先ほどの男が追いかけてきた   そしてホステルに向かって歩いていて、少し迷っていると、またあの黒いバンの男がやってきました。 そして、 「そっちじゃないよ!馬鹿なの?(Are you crazy?)」 と明るい感じで言ってきて、 「タダで乗せてくよ!」 ともう一度言ってきました。…

パリ楽しかったANDトロントにきた in a Cafe

スイスの次はパリに行きました。 パリでは日本にいた頃に住んでいた長野にあるシェアハウスの人たちとエアビの宿に泊まりました。 合計9人〜10人ほどで泊まり、朝から夜まで仲間と一緒に入られたのでとても素敵な時間でした。 やっぱり人との交流が今はとても大事。 あとは海外で生き続けること、だね。   トロントにきた。   ということでトロントにきたよ。とうとう。 バンクーバーに来てからもうほど10ヶ月が経とうとしているけれど、やっとこさトロントに来た。 3泊4日のトロント旅、1日寝て、今日は2日目。 朝起きてから大雨どしゃぶりでホステルから歩いて6分のカフェに来るまでに靴はびちゃびちゃ、けれど良い感じ。   明日はトロントの名物、ナイアガラの滝、だ!   ということで明日は一応晴れそうなのでナイアガラってくるぜ。 ほな。

スイス旅行でアルプスの少女ハイジの聖地(村、牧場)に行ってみた。詳しい場所。

スイス旅行に行くと決めて、何をしようか、何をみようかと調べてみると、 ・山 ・湖 ・お城 等色々出てきます。 過去にハイジのアニメを見ていた その中の一つに、ハイジの村というものがあることがわかり、小さい頃にハイジのアニメを見たことがあったので、行ってみることにしました。 同じようにハイジの村に興味のある方は参考にしてみてください。   ハイジの聖地はスイスのマイエンフェルト   アニメや映画にもなっているハイジの聖地は、スイスのマイエンフェルト(Maienfeld)というところです。   マイエンフェルトの場所   マイエンフェルトはスイスの最大人口の都市チューリッヒ(Zurich)から電車で1時間半ほどのところにあります。 スイスの電車は日本の電車のようにきれいです。   ハイジの聖地までは電車で景色を楽しめた   電車でチューリッヒからマイエンフェルトに行くまでは、景色を楽しむことができます。 スイスはどこに行っても基本景色がとてもきれいです。 ハイジの聖地までも、電車から山や牧場(牧草地)、ヤギや牛等が見えました。   ハイジの聖地スイスのマイエンフェルトに到着   到着すると、あたりは自然に囲まれた田舎です。 駅も建物の中にあるわけではなく、自然、道路に面しています。 そして駅を出るとすぐに、ハイジの村への看板があります。   ハイジの村や山、牧場の場所が書いてある   看板に行き方が大ざっぱながら書かれています。 なかなかきれいな看板でした。   ハイジの聖地マイエンフェルトの家や街はきれい   ハイジの家、牧場までは歩いて30〜40分ほどかかるのですが、そこまで行くには、街を通ります。 家が沢山あり、レストランなどもあります。 その建物たちはどれも日本やバンクーバーのものとはまったく違い、とてもオシャレで可愛い見た目になっています。   家のデザインが可愛い   普通の人の家でも、そこかしこに絵や彫刻などがあり、とてもオシャレな感じになっています。 街を歩くだけでも、日本等との違いを感じられてとても興味深いです。   知らないスイス人に話しかけてみた   旅行中、特に一人旅中はやはり現地の人に話しかける、というのが僕は好きなのでハイジの聖地でもしてみました。 スイス人は英語を話せない人が多いのですが、たまたま話しかけた女性が英語好きで、楽しく話すことができました。 対してお店の店員さんなどは全く英語を話せないようでした。   ハイジの村(聖地)まで歩いていると山や牧場、動物が   街を抜けると、家がどんどん少なくなり、牧草地やぶどう畑、牛、馬などの動物など、とにかく自然が満載になります。…

スイスとロンドンの違い|旅行して感じたこと

当たり前かもしれませんが、スイスとロンドンはかなり違います。 と言いつつも、僕はヨーロッパに来る前はヨーロッパの国なんてどこもそんなに変わらないだろうと思っていました。   スイスは自然いっぱい+空気がきれい   スイスの良さは、これに尽きる気がします。 とにかく落ち着いた空気、湖、川、森、山、動物、、、、 今まで、空気がきれいということを感じたことが人生でありませんでした。 ですがロンドンからスイスに来てみて、すぐに感じました。   「なんか、空気きれいじゃない…?」   こう感じました。 スイスの空気は澄んでいて、気分がいいです。   ロンドンは街、東京みたい。英語が話せる。   対するロンドンは街、というイメージです。 東京のように人が大量にいて、 「渋谷にいるみたい」 と感じることすらありました。   ロンドンの人はオシャレ|スイスとバンクーバーと比べて   そのためか、ロンドンの人たちは若い人はもちろん、中にはおじさんまでもオシャレな人がいました。 大体みんなオシャレをしている、という感じでした。 そのため、ロンドンには古着屋がかなりあり、少し古着屋巡りをしましたがとても楽しかったです。 旅行だと財布の紐が緩みがちですよね。 >ロンドンのヴィンテージ・古着屋が楽しかった。おすすめ店。   ロンドンでは英語が話せるがスイスは微妙   そしてここがとても大きな違いで、この理由で僕はスイスよりもロンドンのほうが好きです。 やはり、ロンドンはみんな英語が話せます。 話しかけて英語無理!という人は一人もいませんでした。 ですがスイスは英語できない、外国人困る!みたいな感じの空気がありました。(もちろん人による) やはり英語が話せるとそれだけ現地人とも関わることができ、深く街を知ることができたりして、楽しさは全然違います。 なのでそういう意味ではロンドンのプラス票が個人的には多いです。   ロンドンのほうがスイスよりフレンドリー   そして外国人困る!的な雰囲気がスイスにはあったように感じます。 ロンドンは話しかけた人たちは基本ほとんどが優しくてオープンでした。 バンクーバーよりもフレンドリーだった気もします。   ロンドンは国際色がとても豊か   これが理由の一つだと思います。 ロンドンは世界中の人が住んでいる多国籍国家です。そのため外国人に慣れているのでしょう。 ただアジア人はバンクーバーに比べてかなり少なかったです。 英語が話したい人にはロンドンのほうが良いかも。 ただロンドンはイギリスなまりの英語なのでその点は好みですね。僕はカナダなまり派です。   スイスもロンドンも行く価値あり  …

スイスに来ています!楽しい!

まさか人生でスイスに来ることがあるとは思ってもみませんでした。 いや、いつかは来るとは思っていたけれど、そんなに過去には興味がなかった。 それが思い切って来てみるとこんな素敵な国があるのか、と感動するほど。 アインシュタインカフェ 今、アインシュタインが住んでいたとされるアパートの1階にあるカフェでカフェラテを飲んでいます。 これがとても美味しい。 ドイツ語だかなんだかわからないですがその表記ではラテ・マキアートとなっていました。 きた方はぜひ一度お試しを。 スイスにある程度の期間住んでいたとしたら、確実にこのカフェに通うだろうなあ。   ロンドン・スイスときて、やはり旅が好きと実感   きてよかったなあ。 ヨーロッパ旅、俺には今は2週間で十分かなあとも思うけど、ヨーロッパの長期滞在もしてみたい。

ロンドンのヴィンテージ・古着屋が楽しかった。おすすめ店。

バンクーバーに住んでからというもの、古着・ヴィンテージ古着みたいなものにハマりつつあります。 そこでロンドンでもギリギリの時間の中いくつかの古着屋に行ってみました。   ロンドンおすすめ古着屋・ヴィンテージ①Rokit(ロキット)   この古着屋周辺は服屋さんや古着屋等が混在しています。なので時間があれば、1つとりあえず興味がある古着屋を決めて、その他は歩いてお店を見ていくのが楽しいかもしれません。 Rokitは見た目オシャレな古着屋という感じではないですが、品物はオシャレな物が多く、いい感じでした。 ものも安めで、古着が好きな方は試してみてください。   ロンドンおすすめ古着屋・ヴィンテージ②Pop Boutique   こちらのお店も値段も安めでオシャレなものが多くありました。 個人的にはRokitのほうが店内も広く、試着室も多く、品物も多いので好きでした。 ですがPop Boutiqueもおすすめです。   高かったロンドンのヴィンテージショップ:The Vintage Showroom   The vintage showroomもおすすめと聞いたのでいったのですが、Tシャツを数着見た時点でほぼ100ポンド超えだったり、明らかに高い感じでした。 本気でヴィンテージが好き!という方はどうぞ。   古着屋・ヴィンテージではないけどおすすめな服屋   The vintage showroomの2軒ほど隣に、Super Superficialというお店があります。 Tシャツやスウェットなどがあり、デザインがオシャレな感じでした。 興味のある方は是非どうぞ。高くはないですが、35ポンド、25ポンド、くらいでした。 ではでは。

人生初ロンドン、無料おすすめツアー。楽しかった!

バンクーバーからロンドンに来ました。 ロンドン1日目は時差ボケ 1日目はかなり時差ボケがひどく、出会ったオーストラリア人の男の子に誘われた音楽ライブを断って寝ました。 ロンドンでのおすすめ無料ツアー ロンドンでは「Free walking tour in London」など調べると、無料のツアーが出てきます。 一つに参加したのですが、無料とは思えないほどに内容が充実していました。   ロンドンツアー、なぜ無料?   無料とは言え、ツアーが終わったあとに「自由料金」で支払う事になります。 つまりはチップみたいな感じです。   ロンドン無料ツアーの楽しかったところ   まず、とにかくすべてが英語なのがとても楽しいし、英語を本気で勉強している人にはおすすめです。 逆に、普通に早口なので、ある程度なれていないとたぶんわからないのできついです。   アイルランド人の話しまくった   一緒にツアーに参加していたアイルランド人の女性と話しまくりました。 彼女はミュージカルが好きで、6日間のロンドン滞在中に5回もミュージカルを見に行くそうです。 あった時点でもう4回見たと言っていました。 ミュージカルに興味が出ました。   ロンドン無料ツアーの良さ②   英語を話せるのも聞けるのもそうですが、 現地に住んでいるガイドがツアーをしてくれたので、普通に自分で観光するのではえられない情報を聞けます。 これでチップ制というのは本当にすごいです。 いろいろなツアーサイト、会社がありますが、「https://strawberrytours.com/london」このサイトでてきとうに見繕って参加しました。 興味があれば是非どうぞ。  

今から人生初のヨーロッパ(ロンドン等)に行ってきます。

ロンドン、スイス、パリ、に滞在し、トロントにも行きます。 初ヨーロッパなのでワクワクしています。 今バンクーバーのスタバです。   ヨーロッパ(ロンドン)行きの飛行機を待っています。   空港につきました。(飛行機の登場待ちなう) 旅行する前は腰がおもすぎて全然何も進まないのですが、空港に来るやいなや、やっぱ旅行って最高〜って気持ちになります。 空港好きだなあ。   空港で即座にトラブル発生   空港に着いてすぐの手続きをしたとき、「帰りのビザがない」ということを伝えられました。 ヨーロッパからカナダに帰ってくるときに、ワーホリのビザが必要なのです。 それを忘れていて、何も持たずに来てしまいました。   空港のタクシーで対応   バンクーバーの空港はバンクーバーの街に近いのでなんとかなりました。 早めにきておいてよかった。   楽天カードのラウンジがやっぱり最高   楽天ゴールドカードを持っていると無料で貰える、「プライオリティ・パス」があると、空港で専用のラウンジが使えます。 時間ギリギリでしたがラウンジに行き、カレーとお肉、ティラミスとジュースなどを飲み食いしました。 旅行あまりしない人には不要ですが、年間約1万円ほどの維持費で使えるカードなので、旅行好きにはめちゃくちゃオススメなカードです。 >楽天カードの公式サイトはこちら