バンクーバーでアイスホッケーの試合を観戦してきました!

スポンサーリンク



こんにちは、コウです。

バンクーバーではアイスホッケーが盛んなのを知っていますか?

日本でサッカーや野球が人気なのと同様に、カナダではアイスホッケーがとても人気です。
そこで僕も、アイスホッケーを観戦してきました。

・チケットの買い方

・実際の試合会場

・会場内の食べ物や飲み物

・観る価値はあるのか?

など、シェアしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アイスホッケーチケットの買い方

 

チケットの買い方はいろいろです。

 

直接会場前で購入

 

僕の場合は友だちが買ってくれたのですが、開場前で購入したようです。

 

ネットで購入できる

 

そしてもちろん、ネットでも購入できます。

チケットはネットで「バンクーバー アイスホッケー チケット」検索すると購入用のサイトが出てきます。

 

 

日本語で購入できるので、
はじめての方でも簡単に購入できます。

購入するとメールで「Eチケット」が送られて来るので、それを印刷して提示する必要があります。
携帯で見せればいいというものではないようです。

 

チケットの値段

 

チケットは大体、35カナダドル〜高いもので120ドルほどします。

席が近いかどうかによって変わることや、日によって大きく値段は変わります。

僕は50ドルほど払いましたが、他の日に行った友達は35ドルほどだったようですので、行く前にチェックしてみてください。

 

試合会場はロジャースアリーナ

 

 

見にくいのですが、上の画像の青く光っている建物がロジャースアリーナです。
夜になると綺麗に青く光ります。

 

最寄り駅

 

ロジャーズアリーナはダウンタウン内の、

「スタジアム・チャイナタウン駅」

が最寄り駅で、歩いて数分で着く距離にあります。

 

アイスホッケー会場に到着!

 

 

会場周りにはたくさんの人がいました。
会場に着いたら即座に入れるというわけではないので、少し早めにつくことをおすすめします。

 

会場に入る前にすること

 

・リュックサックは預けなければならない

会場のドアの前で止められ、預けてくるように言われます。
会場外にあり、けっこうな列になっていました。

・チケットを見せる

 

 

危ないものを持っていないかなども含め、チェックを受けます。

 

一度試合会場に入ると出れない

 

僕はメガネをリュックの中にわすれてしまい、
出ようとしたのですが止められてしまいました・・。

なので、この点は注意してください。

 

バンクーバーのチーム「カナックス」を応援

 

 

観戦中の飲み食いは自由

 

会場にはビールや食べ物が売っているので、買って食べながら観戦することができます。

ただし、超高いです。

 

試合開始前に、歌!

 

 

開始前には会場が暗くなり、歌が歌われました。
なかなかかっこよかったです。

 

アイスホッケーの試合がスタート!

 

 

正直詳しいルールなどはわかりませんが、なかなか激しい試合でした。

 

スタジアム内は寒くはなかった

 

寒いかと思っていましたが、
特にそうでもなく、普通に楽しめました。
ただ、リュックを預けるときなど、外で待つ時間も多いので、温かい格好をしていくことをおすすめします。

僕は10月末に観戦し、長袖長ズボンで行きました。

 

ドラムのお兄さんも楽しそう

 

 

得点が入ると、点数が入ったチームの人達が立ち上がり、喜びます。

僕も点数が入ったときは立ち上がって拍手しました。

日本で野球観戦をするのとほぼ同じ感じです。
ホームのチームと、アウェーのチームでは扱いが全然違います。

 

正直、一回見れば十分

 

ただ、遠い席だとボールが見えにくく、ちょっと微妙です。笑

正直、僕は一回観るだけで十分だと感じました!笑

次はバスケを見たい!

 

ドイツ人の友だちは2日連続で観戦していた

 

やはり感じ方はそれぞれのようで、
ドイツ人の友達はこの日と次の日の2日連続で観戦したようです。

大好き!と言っていました。

 

バンクーバーでのアイスホッケー観戦、まとめ

 

一回で十分と書きましたが、行ってよかったです。

行ってみないと好きかどうかもわかりませんし、何事もトライですね。
アメフトの試合も「トライ」してみたいと思います・・。

あとは普通にバスケは必ず見ます。
トロントであるみたいですね。

以上、読んでいただきありがとうございました。

コウ

スポンサードリンク