幸せはなるのではなく気づくもの|ただ幸せになりたいだけなのに、と思うあなたへ

スポンサーリンク



「幸せになりたい」

学生時代からこう思うことがちょこちょこあって、悩むことも多くありました。

「ただ幸せになりたいだけなのに、なんでなれないのだろう?」

こう思って悲しく悔しく思ったこともありました。

僕は悩んでいる期間にかなり苦しんだのですが、
同じように悩む人は多くいると思います。

ですが今思うのは、

「幸せはなるのではなく、気づくもの」ということです。

 

幸せはなるのではなく気づくもの

 

人それぞれ、絵描く幸せの形は違います。

・お金持ちになる

・素敵な家族を作る

・仕事で成功する

などなど色々ありますが、
僕は、

「もうみんな幸せ」だと思うのです。

日々生きていると、
こうなりたいああなりたいと考える事があり、悩むこともあると思います。

僕自身ずっとそうやって悩んできたのですが、
今、毎日がすごく幸せだと感じて生きています。

特に何か大きなことを成し遂げたわけでもないですし、大金持ちでもない。
まだ叶えていない夢もある。

だけど、幸せだと思うのです。

 

そこら中にある幸せに気づくこと|ただ、幸せになりたいだけ。

 

僕は幸せというのは、
お金でもないし、結婚や家族でもないし、
成功でもないし、

「ただ幸せだという事に気づくこと」だと思っています。

周りには家族がいて、
関わる人がいて、仕事があって、
住む家があって、布団があって枕が気持ちよくて、
暖かさや冷たさを感じる腕があって感覚があって、
歩ける足があって、この素敵な世界を感じることができて、

そういうことが、
全てのことがすごく幸せなことだと感じます。

 

幸せだらけで感謝だらけ

 

綺麗な道を歩けること、
綺麗な道を作ってくださった方への感謝、
その方を育ててくださった親族への感謝、
街灯の綺麗な光、カフェ、ラーメン屋、服屋、店員さん、

何もかもが最高に素敵な存在だと思います。

そしてそういう素敵なものを感じられる「感覚」がある自分は幸せで素敵で、
そんな自分を作ってくれた両親、
いつも優しい親族、両親の両親、ずっとつながってきた親戚たち・・・。

全部がありがたいことで、
感謝すべき存在なのだと思います。

そういうことに気づいてからは、
何もかもがありがたく思えて、
自分を受け入れる度合いが大きくなって、毎日感じる幸せがすごく大きくなって。

 

幸せに気づくと、執着が減る

 

稼ぐことへの執着や

人と争うことや

問題を作り出す思考や

そういうことをしなくなってきたと感じています。

生きやすい。

幸せだ。

まだ受け入れきれないものもあるけど、

毎日が感謝と幸せから始まって、
毎日が感謝と幸せで終わる毎日を今過ごしています。

お金を稼がなきゃ

あれをしなきゃ

これをしなきゃ

がなくて

あれがないと

これがないとがなくて。

ここに存在していることが気持ちいいと感じます。

全ての人に感謝です。

ありがとうございます。

 

ただ幸せになりたいだけなのに、、なら、幸せに気づくこと。

 

ずっと、「幸せになりたいだけなのに・・・」と思って生きてきて、
色々やりましたが、今が一番幸せだし、満たされています。

幸せに気づくのが今は楽しくて仕方がありません。

読んでいただいてありがとうございました。

ほなほな〜(。・ω・)ノ゙

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です