失敗してもいいんだよ。大丈夫に気づくことが人生を変える〜失敗が怖いあなたへの心理学

スポンサーリンク



 

「失敗したくない」

「間違えることが怖い・・」

なんて僕も悩んできました。

今でも思うこともありますが、
でも前に比べ確実に、「大丈夫」と思って前にすすめるようになっています。

昔は恥ずかしい、
怖いと思ってできないでいたことが、できるようになっています。

そして心理学、心の世界を勉強していて、
「大丈夫」という言葉に出会った人も多いのではないでしょうか?

幸せに生きるためには、僕は、

「大丈夫に気づくこと」

が全てだと思います。

これこれーっ!⇒仕事やめたい〜とか親に気使うの疲れた〜なら、やめ〜。どうせ大丈夫、全部まぼろし〜

 

失敗してもいい。大丈夫に気づくってどういうこと?

 

僕らは生きていて、
「怖い」と感じることが多くあります。

・新しいことをしたいけどできない

・せっかく始めたとしても続かない

・人と仲良くなれない、恋人ができない

などなど悩みは人それぞれですが、
できない理由の多くが、

「失敗したくないから」

です。

確かに言いたいことはわかりますが、
どうして失敗したくないと感じるのでしょうか?

 

失敗したくない、失敗が怖い理由|心理学

 

失敗したくない理由はそれぞれですが、

・周りにどう思われるかが怖い

・自分だけが損するのは嫌だ

・バカにされたくない

などの理由がよくあります。

「失敗したらバカにされる・・・それは怖い。」

「何もしなければ馬鹿にされることも無いし、何もしないでおこう・・」

こう思って、やりたいことができなかったり、
せっかく始めたことでも途中で怖くなってやめてしまいます。

大体が、こういった「周りにどう思われるか」ということが理由です。

 

失敗してもいい、大丈夫と思えたら強い

 

失敗が怖いと思っていると、今お話ししたように物事を始めることすらできなかったり、
せっかく始めたことでも途中でやめてしまったりします。

始めないことや途中でやめることが良い悪いということはありませんが、
本当はやりたいと思う気持ちもあるはずです。

そういう場合に、

「失敗してもいい、「大丈夫」と思えたら、すごく強い」です。

バスケットボールでも絵画でも起業でもなんでも、
やはり失敗をくりかえすことでどんどん上手になっていきます。

間違えた、失敗した、でもそれでもめげずに続けると、
どんどん間違え方を知っていき、
そこから上手くやる方法を知ることができます。

最初は自分の営業の仕方では売れ行きが悪くても、
そこから改良を重ねていくなかで自分だけの売れる方法が分かっていきます。

そして失敗が怖くなければ、
今までのやり方とは別の新しいやり方を会得することもできます。

 

 

そしてそれは、
過去のやり方を捨てるのを怖がっているよりも、
本当は新しい方法も試してみたいという気持ちにも素直になれることも意味します。

そうすれば気持ちよく物事を続けられ、どんどん成長していきます。

 

失敗を怖がって悩むことにはメリットがいっぱい|心理学

 

本当は自由に新しいことをしたいのにできないのは、
そこにメリットが大量にあるからです。

・悩んでいれば前に進まないですむ

・失敗を怖がっていれば努力しないですむ

など、「悩んでいれば、現状維持ができる」のです。

現状維持ができるというのはめちゃくちゃメリットです。

人は今の状態から変わらないようにする性質を持っているので、悩みたがります。

新しいことをして楽しむことよりも、
何もしないで悩んでいる方がメリットがあると考えるからです。

 

失敗してもいい、大丈夫になる方法

 

失敗してもいい、大丈夫になるには、

「私は大丈夫」

と今日から決めることです。

・今までできなかったし・・・

・あの時もあの時も失敗したし・・・

・もしできなかったらどうしよう、怖い・・・

と言って何もしなくてもいいですが、
それが嫌だと思うなら、もう今日から私は大丈夫と決めることです。

 

失敗しても大丈夫と決めると本当に大丈夫になっていく

 

無理矢理な感じもしますが、
失敗しても私は大丈夫!と決めると、本当に大丈夫に近づいていきます。

もちろん何度も、

「怖い・・・!!」

と感じることもあります。

だけど、それでも大丈夫大丈夫!と大丈夫にフォーカスできていると、

「あれできるじゃん?」

「あれ?これも大丈夫だったじゃん?」

と、大丈夫に気付ける場面が腐るほど大量に毎日出てきます。

それに毎回気づいて、
できる自分を認めていくと、どんどん大丈夫な自分が出来上がっていきます。

 

失敗怖い・・なんて結局起こらないから大丈夫

 

心理学の世界でもよく言われていますが、
「こうなりそう」と不安になることの9割は起こりません。

なのでまずは、

「どうせ起こらないから大丈夫」から始めてみるとやりやすいでしょう。

 

失敗しても大丈夫=何も起こらないから大丈夫だし起こっても大丈夫

 

失敗しても大丈夫は、
今お話したように、「どうせ何も起こらない」という大丈夫と、
「起こったとしても大丈夫」という、

始まる前の大丈夫と、始まった後の大丈夫と2つ考えることができます。

どうせ、なにか怖いことが起こったとしてもなんとかなります。

だって、

今まで怖いと思ったこともあったけど、「今生きてる」んだから、つまりは、「大丈夫じゃななかったことなんて無い」でしょう?

つまり、ずっと大丈夫だったのです。

今までずっと生きてきたけど、結局大丈夫だった。

それに気づければ、
もうこれから先のことも怖いと思ってもできます。

 

 

大丈夫です。

「大丈夫」ってこんな感じです。

 

失敗が怖い理由を観察してみる

 

そして失敗がどうしても怖い場合、
その失敗が怖い理由を自分に聞いてみましょう。

どうして失敗怖いの?

「恥ずかしい思いをしたくないから」

なら、なんでそれが怖いのか?

を自分に聞いてみましょう。

すると、自分が本当に失敗が怖い理由がわかります。

 

まとめ:怖いかもしれないけど、失敗してもいい、大丈夫。

 

僕も何度も失敗してきました。

だけど結局、今の自分が存在しているのは、
今までの全ての出来事のおかげです。

だから、失敗してもその失敗は失敗ではないと僕は思っています。

失敗もあったからこそ、今の幸せな自分がいる。

綺麗な世界を見ることができるし、
食べることや歩くことの素晴らしさを感じることもできる。

この世にいらないものなんて無いと思います。

ということで、
貴重な時間を使い、
ここまで読んでいただきありがとうございました。

では〜(。・ω・)ノ゙

これっ⇒仕事やめたい〜とか親に気使うの疲れた〜なら、やめ〜。どうせ大丈夫、全部まぼろし〜

こっっっっっれーーーー!!!!

>出来ない、上手くいかないは、いいわけだ|失敗が怖いあなたへ

スポンサードリンク