俺の人生はこのままでいいのか?やりたいことをやると、人生が進む。

スポンサーリンク



23歳の頃、
地元の大学で事務職員をしていた。

あの頃、毎日同じことの繰り返しや、教えれば子供だってできるような仕事をして、さらに14連勤とかもあった。

楽しい時間は学生と話す時間だけ、後は正直、クソだった。
他の人と仲悪くなったりとかもだるかった。

だけどそのおかげで、大学職員になって数ヶ月で、

「俺の人生はこのままで良いのか?」

と考えるきっかけがもらえた。

そうして地元でうらやまれていた大学事務職員を辞め、フリーランスになった。

それから4年近くたち、夢だったカナダに来た今思うのは、

「やりたいことをすると、人生が進む」

ということだ。

 

英語をカナダで勉強したいと思った

 

これが夢だった。

「アメリカやカナダに来て英語を勉強したい」

「外国人と英語圏で関わりたい」

大学事務職員をしていた頃は、

・毎日同じことの繰り返し

・誰でもできる面白くない仕事

・くだらない人間関係や残業代のカット

まじでくだらない事だらけだった。

そうして湧き上がってきたのは、

「海外にいきたい」

という思いだった。

 

稼げる力をつけて海外へいきたい

 

だけど、何も考えずにただ海外に行くのは嫌だった。

だから、稼げる力をつけて海外にいこうと思った。

 

会社から自由になって、海外に行きたい

 

 

これが俺がフリーランスになった最も大きな理由だ。

そうして1年間毎日10時間記事を書きつづけ、自由の身になった。
そうしてまずは行きやすいフィリピンに行き、英語の勉強をした。

会社から自由になり、英語の勉強ができ、人との交流もできている。

まさにあのときは、何もかもが上手くいっているように感じていた。

だけどある頃から、俺の成長はストップした。

 

もう頑張れない

 

フィリピンで感じた、

「もう頑張れない」

という気持ち。

毎日何時間も仕事に費やし、
かと言って安定するわけでもないビジネススタイル。

そんな生活に、心が耐えられなくなっているのを感じていた。

そうして心理学や哲学を勉強し始めた。

 

心理学を学びたい、幸せになりたいと思っていた

 

2年近く心のことに時間を費やした気がする。
お金も時間も沢山使った。

けれど2年ほどたった頃、

「心理学や哲学は幸せな人生に必要ない」

という結論に至った。

その理由については長くなるから書かないけれど、心のことにどっぷりハマることはまじでおすすめしない。

 

カナダに行きたいという思いを無視し続けていた

 

 

心理学を学び始めるため、
フィリピンから帰国した後、1年半以上東京に住んでいた。

本当は、アメリカ、カナダに行きたいから会社を辞めて稼げるようになったのに、俺は怖がって、前に進めなかった。

・今行って本当にいいのか?

・ビジネスを安定させないと不安だ

・そもそも海外に行く意味なんてあるのか?

・今は心理学をして、心をなんとかしないと、、

いろんな、自分が行動しないための「言い訳」が頭にあった。

 

自分のやりたい気持ちに素直になることの大切さ

 

心理学をやったのもあるけど、

「何かをしたいという気持ちに素直になること」

は本当に大切だ。

 

他者からの目、自分の価値観に縛られるな

 

 

やりたいことがあっても、

・この年齢で会社を辞めて海外にいくとかやばい

・この年齢で結婚してないとかダサい

・親を置いていけない

とか、自分の価値観を理由に、言い訳にして進めないことがあると思う。

俺は思い切りいろんなくだらない言い訳をして、カナダに来るのが遅くなった。

 

「カナダに行きたい」を叶えて知った人生の事実。

 

「カナダに来たことで人生が大きく上向いた」

とか

「英語が飛躍的に伸びた」

とかは、正直無い。

だけど、

まじで来てよかったと思ってる。

 

やっと前に進めた

 

カナダに来る前は、

「カナダに行きたい、でも・・・・」

と言い訳をずっとし続けて、
頭の中に何度も、

「カナダに行きたい」

が出てき続けていた。

 

叶えた瞬間、「したい」は消え、人生が進む

 

あくまで俺の感覚だけど、

「自分が長い間思っている、何かをしたいという気持ち」

は簡単には消えない。

だけどそのしたいことを叶えると、頭の中からそのしたい!という気持ちが消える。そうして、その叶えたかった状態を楽しんだり、次の「したい」が出てきて、やっと前に進める。

 

カナダにきて、したいことが増えた

 

 

カナダにやっと来ることができて、
俺の頭から、

「カナダに行きたいのに、まだ行っていない」

という思いが消えた。

そうして、

「日本語を教えたい」

「絵を描きたい」

「他の稼ぎ方を知りたい」

など、他のやりたいことが出てきて、それに向かって少しずつだけど進めている。

 

そうして今、

「人生が進んでいる」

と感じてる。

 

俺の人生はこのままでいいのか?

 

大学事務職員をしていた頃のこの疑問が、思えば始まりだった。

そう言えば、大学職員になったときは、「正社員を体験したかったのだ」と過去に結論づけたことがあった。

一瞬でその叶えたい状況に飽きたけど、あの大学で働けて本当に良かった。

 

人生このままでいいのか?と思うなら「したい」に集中してみよう

 

「今、何がしたい?」

「何を叶えたい?」

「このまま歳をとって、おじいさんになっても後悔しないか?」

これを問いかけてみてほしい。

コウ

スポンサードリンク